アンチエイジングに大事なのはメンタル面!気分の落ち込みが老化を早めてしまうらしい

2013/11/20 15:00:01
Fotolia_58175556_Subscription_L


老化を早めてしまう原因…不摂生や暴飲暴食などさまざまな要因がありますが、最近新たな原因が発覚しました。

それはなんと「気分の落ち込み=鬱状態」らしいのです。

鬱状態が老化を早める!?


Fotolia_48364559_Subscription_XXL


Molecular Psychiatryで発表された調査において、研究者はオランダ人2,400人の細胞内染色体を調べたそう。

テロメアと呼ばれるDNAのらせん構造になっている先端の部分を見てみると、鬱病患者のテロメアは短く、さらに毎年短くなり続けていることを発見。

テロメアが短いと肥満、心臓病、糖尿病、ガンなどの健康問題の原因になり、実際今回研究対象となった人で2年以上鬱病を患っている人はそうでない人よりも7〜10年ほど年老いていると結果が出たそうです。

研究者は今回の結果を受けて「鬱などの精神的な問題が、体の老化を早めてしまうという証拠になった」と話しています。しかしなにか他の要因がなかったのか、さらなる研究も必要だと付け加えています。

精神的な要因によって、体への影響が多いようですね。アンチエイジングなどのスキンケアも大事ですが、メンタル面にも気をつけていきたいところです。

参考:Glamour

コメントを書く